水分補給・栄養について(ブログ紹介)

最近雨が続いています。
体育館はこれからの時季は特に高温・多湿になります。
(冬は寒く、夏は暑いです。)
熱中症予防、水分補給については、さまざまなところで言われていると思います。

私が大事だと考えているのは
・食事(栄養)をきちんととる
・水分補給には水を飲む
この2つです。

下記に参考にしているブログ等をご紹介します。
高橋

水分補給について①
『脱水対策は何を飲む?~ペットボトル症候群に注意~』

コーラの糖質は100mlあたり11.3g
果汁100%のオレンジジュースも100mlあたり11g
アクエリアスは100mlで4.7g、500mlだと23.5g
ポカリも500mlだと31g
ちなみに
ガリガリ君(ソーダ味)は1本(110ml)で18.1gです。

水分補給について②
『熱中症対策に必要なのはスポーツドリンクではなく、日頃からのタンパク質の摂取』

『人工甘味料より要注意!果糖ブドウ糖液糖(異性化糖)について』

栄養について
『ふじかわ心療内科クリニック 藤川徳美医師ブログ』
藤川先生のfacebook投稿内容が転載されています。
『日本人における栄養療法について、論点を整理する
質的な栄養失調=糖質過多+タンパク不足+脂肪酸不足+ビタミン不足+ミネラル不足。
普通に食事をしている人は、多かれ少なかれ全員、質的な栄養失調がある…』


『簡単に手作りボーンブロス』
ボーンブロスは消化吸収が良く、アミノ酸をはじめ栄養も豊富に含まれます。
【引用】
たんぱく質や脂質などの必要栄養素を摂るときに、
胃腸が弱い方や、肉などが苦手な方は、
ボーンブロス(ボーンスープ)がおすすめですね(^^)/

紹介記事にあるように、
ボーンブロスは、骨・ガラ・骨付き肉などを煮込んだスープなのですが、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルなどの
必要栄養素も豊富で、スープだと消化負担もかかりませんし、骨付き肉も煮込むことでとても柔らかくなって食べやすくなります(^O^)/
特にたんぱく質はご自分の栄養状況などに応じて1日の必要量をしっかり摂る必要がありますが、
必要たんぱく質を肉やたまごなどだけで食べきれない女性などには、プロテインとも併せておすすめです(^^)/【引用おわり】


[PR]
by hpf-tom | 2017-06-26 01:30 | Comments(0)