トレーニングで「おんぶ」をすることがあるけれど

トレーニングで「おんぶ」をすることがあるけれど
自分の場合は、足腰を鍛えるとか筋力を高めるとかが目的ではなく

自分の身体・相手の身体を感じる
身体の感覚、背中の感覚、皮膚感覚を育てることであり
相手をおぶう身体の使い方
相手にのるタイミング、背中に乗っての揺れ、バランス
相手とのコミュニケーションを図ることがねらい

筋トレ的な視点では、おんぶや手押し車などは結構な負荷がかかるので、それができる状態かどうか(身体・技能)や、強度に無理がないかどうか
落下して怪我とかにならないように注意
当たり前ながら、マシンやダンベルではなく、自重や用具使わない筋トレだから身体に負担がかからず安全・怪我しない、なんて訳ではないでござる。


高橋 彬

[PR]
by hpf-tom | 2017-02-19 18:57 | Facebook投稿 | Comments(0)