走る① 足が速いって

「足が速い」ってのは

自分自身に対して感じるもので
他の人と比べるものではないのだ

自分の体が思ったように進む
走って気持ちいい
イメージや頭からの命令通りに体が動いてくれる感じ
何かそんな感じなのだ

他人と競争していくら速かろうが
自分の体の感覚がよくわからない
動きのイメージと実際の動作が合致しない
「足が速い」って自分の感覚なのだから
自分の身体の感覚がつかめていない
そんな状態では、速いかどうかよくわからんのである

足の感覚も、背骨も骨盤の感覚もないまま
走りまくっても
タイムは伸びるかもしれないが
自分の身体をよくわからないまま使っているので
ある程度までいったら伸び悩みますよ

ちゃんと土台をつくって走ろう


高橋 彬

[PR]
by hpf-tom | 2017-03-22 07:26 | Facebook投稿 | Comments(0)