走る② センサー

自分の身体、自分の感覚がはっきりしているから、動きたいときに動ける。

自分の気持ちや意思と身体の動きが一致する。

思い切り動きたいなら動く。
どこを使いたいのか、どんなふうに動きたいのか
身体の欲求に応えられる。
動き疲れたなら休む。

脳と身体が
動きたいという欲求に気づかない
動きたくても思ったように身体を動かせない
または、動いても動いても、その感覚がわからない

そんな状態では、いくら頑張っても、気持ち良くも上手にも動けない。

いくらガソリンを入れても
いくらエンジンを回しても

ハンドルの動きにタイヤがどう動くか
アクセル、ブレーキの踏み具合とスピードは

ハンドルやアクセルから伝わる情報
その情報がなかったら、バラバラだったら

身体の操縦もしかり
車体だけでなく、その中身・仕組み
身体の感覚
センサーを育てなければ


高橋 彬

[PR]
by hpf-tom | 2017-03-22 20:30 | Facebook投稿 | Comments(0)