健康情報(参考にしているもの)アトピー、頭痛など

最近気になったものや私が参考にしているものなどです。
※診断・治療または医療アドバイスを提供しているのではなく、情報提供を目的としています。

【湿疹】


再生リスト(アトピー・肌関係)

【片頭痛】以下一般的な頭痛についての説明など
【上記サイトから一部抜粋】
リボフラビン
リボフラビンはミトコンドリアにおけるエネルギー酸性の上で大切なビタミンでありビタミンB2と呼ばれております。前述した表にもビタミンB2として記載がありますが、GroupBに属しておりある程度有効となっております。これはビタミンB2がサプリメントであり有害事象が少ないことより強く勧められているからです。海外でのプラセボを対象とした試験では非盲検試験(薬が偽薬であるか実薬か被検者にわかる)では片頭痛に対して有効性を認めましたが、二重盲検プラセボ対象試験では有効性を認めた試験は数少ないとされております。現代社会においてビタミンB2が欠乏することは多くありませんが、偏食などによる摂取不足や代謝障害や抗生物質などによるビタミンB2の利用不全などで口角炎や口唇の発赤、白内障、脂漏性皮膚炎、脱毛、舌炎、貧血や場合によっては高次脳機能の障害(知的障害)を呈することがあります。我が国ではサプリメントとして市販されており、また口内炎などの症状に対してビタミンB2の錠剤や静脈注射ができるようになっております。片頭痛患者さんは考慮してもよいサプリメントと思います。

葉酸
葉酸はビタミンB9あるいはビタミンMともよばれる水溶性ビタミンの一つです。妊娠や授乳時には葉酸の需要が増加しますし、薬剤中毒やアルコール過飲などでは摂取不足になり葉酸欠乏になります。葉酸欠乏になるとアミノ酸やDNA合成ができなくなり貧血や免疫機能の低下や神経障害などの症状をきたします。一方葉酸を長期内服すると発癌率が増加するという危険性が指摘されております。
片頭痛においては試験自体が少ないことがある一方、抗てんかん薬内服時の胎児の催奇形性の発現を減らしたりするので、妊娠の可能性のある若い女性などには短期間の投与であれば考慮してもよい(長期では発癌性が心配)と考えます。葉酸はサプリメントで市販されていますが医薬品として葉酸欠乏症に保険適応となっております。

マグネシウム
マグネシウムはナッツ類(アーモンドやカシューナッツなど)や大豆などの豆類や赤肉や緑色野菜や魚介類に多く含まれております。欠乏すると脳血管痙攣や疼痛関連因子が放出されるのを促したり、神経系の易興奮性などを呈したりします。マグネシウムは片頭痛治療において有効であるというデータは少ないものの副作用が極めて稀(腎臓が悪い方は禁忌)ですので前述の表でも使用が薦められています。マグネシウムはサプリメントでも市販され医薬品では胃炎や便秘薬として保険適応になっております。【抜粋おわり】

【マグネシウム】藤川先生のブログ









【便秘】


食物繊維をとりましょうと言われますが、とっても便秘がよくならない場合


【マスク】
有志医師の会から「マスクに関する見解」

私はここ2、3年くらいでアトピーがひどくなってしまい、現在は病院で薬をもらっています。
体調が悪くなって感じたのは、腸内環境のために野菜類(食物繊維)はやはり大事だということです。栄養補助として現在とっているのはプロテイン、マグネシウム、亜鉛、ビタミンC、B群、E、D、ナイアシンです。
食事なども気をつけて、はやく薬なしでも大丈夫になりたいです。

by hpf-tom | 2022-08-27 08:41 | Comments(0)

たかはしあきらの体育学校(叶夢叶夢プロジェクト・コオーディネーション運動教室)ブログ


by takahashi.taiiku
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30